高度情報処理学科

情報処理技術職として幅広く活躍する
スペシャリストを育成

学ぶ内容学ぶ内容

コンピュータの仕組みからプログラムの組み立て方など、情報処理技術者として必要なことを基礎から応用まで身に付けることができます。特に重要なのはプログラム言語(コンピュータに指示する言葉)だけでなく、その基となる「アルゴリズム」(作業や処理に手順を記述したもの)をきちんと理解すること。そのうえでソフトウェア開発やネットワーク通信、サーバー構築などより高度な知識と技術を学び、幅広い専門技術を段階的に習得していきます。また、資格取得に大きなウエイトが置かれている業界なので、基本情報技術者試験をはじめデータベースシステムのオラクルマスターなど、各種の資格取得に向けたカリキュラム構成が組まれています。そのため他学科よりも授業数は多いですが、全員を、目指すレベルまで育てるための万全のフォロー体制が整っており、自然とレベルは上がっていきます。

目指せる将来目指せる将来

システムエンジニア

業務にふさわしいシステムの設計や、ソフトウェアの開発プロジェクトの指揮、ハードウェアやソフトウェアを組み合せたシステム全体の構築・運用に携わる技術者。

プログラマー

システムエンジニアが作成した仕様書に基づき、開発ツールを使用してコンピュータの処理命令であるプログラムを作成する。

システムアドミニストレータ

一般企業の情報処理部門として、自社の情報システムやコンピュータシステムの在り方を考え、その日常的な運用・管理・保守を担う。時には、コンピュータに関する社員教育も行う。

カスタマエンジニア

顧客コンピュータシステムに対するユーザーサイドからのさまざまな要望に対して技術的にサポート。コンピュータ本体や周辺機器などハードウェアの故障修理や、システムのバージョンアップまで対応する。

取得できる資格取得できる資格

2年制課程

・応用情報技術者試験国家資格
・基本情報技術者試験国家資格
・ITパスポート試験国家資格
・Microsoft Office Specialistマイクロソフト
・C言語プログラミング能力認定試験 2級サーティファイ
・情報処理技術者能力認定試験 1級サーティファイ
・ORACLE MASTER Bronzeオラクル
資格の詳細情報はこちら

カリキュラムカリキュラム

こんな授業があります。

1年次

1年次は基礎としてハードウェア、ソフトウェアの仕組みやプログラムを作るための手順、C言語などから学習。プログラムの基となる「アルゴリズム」(作業や処理の手順を記述したもの)を理解することに多くの時間を割いている点が特徴。マイクロソフト資格試験もカリキュラムに組み込まれ、ワードやエクセルなど基本的スキルを全員が身に付けます。

プレゼンテーション
完成させたプログラムを人に正しく伝える技術が必要となるため、スピーチや討論、プレゼンテーションの方法を学び、くり返し行うことで能力を養います。資料の作り方や発表方法だけでなく、電話応対マナーなど社会人としての基本も習得。

2年次

Java言語やC#言語などいわゆるオブジェクト指向言語を学び、ソフトウェアの開発を行います。また世界の主流であるデータベースソフトOracleの学習も進め、資格を取得。自分の力に合わせた国家試験の対策科目を選ぶことができるので、応用情報技術者試験など上位の資格への挑戦もサポート。

打合せ及び仕様書作成
どのような物を制作するかを決め、文章や図にしていきます。すべての工程のなかで最も重要な工程。自由な発想で、完成した時のイメージを思い描きながら考えていきます。ここでは、分かりやすい良い使用書を作成する技術を学びます。

仕様書をもとに流れ図を作成
仕様書をもとに具体的な作業や処理の手順を考え、流れ図に表していきます。完成した物の性能を左右する重要な工程。ここでは、優れた性能のプログラムにするための技術を習得していきます。

カリキュラム内容 1年 2年
専門科目 コンピュータの基礎知識  
プログラムの組み立て方  
プログラミング演習(C言語)  
Word、Excel演習  
基本情報対策  
コンピュータ概論  
基礎数学  
応用数学  
プログラミング演習(C#、JAVA)  
データベース演習(Oracle)  
ソフトウェア開発  
応用情報技術者試験対策  
Linux演習  
卒業研究(自由研究)  
一般科目 就職対策(面接・履歴書等)  
プレゼンテーション(発表技法)  

先生メッセージ先生メッセージ

山田一敏 先生

この学科ではコンピュータ関連のあらゆる職種、業務に通じる情報技術の基本から応用までのスキルが身に付けられます。世の中にあるほとんどの物はソフト(システム)で動いています。そのためあらゆる産業で情報処理技術者は必要不可欠です。インターネットの普及により情報処理の業界全体の労働環境が悪いように言われがちですが、悪い情報ばかりが一人歩きしてしまっています。実際には本校の卒業生たちもやりたい仕事に就けて、やりがいを感じて働いている人が大勢います。それは本校の卒業生の離職率の低さが物語っています。本校では卒業までにしっかりと学ぶことができるので、就職後も仕事をきちんとこなせるだけの力がつくのです。曖昧な情報に踊らされずに、好きな道を目指してほしいですね。

村瀬正敬 先生

プログラムやシステムは作るだけではなく、使う人がどれだけ喜んでくれるかが実社会では最も大切なことです。私自身、24年間企業で開発の仕事に従事してきました。物を作ることで終わりではなく、人にしっかり伝えられること、表現力やプレゼン、アピール力などが必要です。また基本的な知識、業界に関する一般常識をしっかりと身につけていなければ、信用を失うことになりかねません。学校を卒業すれば社会人。ここで与えられた知識や技術を吸収すれば、社会で通用する技術者になれます。実際に多くの卒業生が先進の車載システムから大規模なネットワークシステムまで、幅広い分野で活躍しています。皆さんも社会に出て戦うための道具やアイテムをこの2年間で身に付けてください。私たちもそのために全力でサポートをし、皆さんの夢の実現のお手伝いをします。

pagetop